【タイトル】遺言執行者って何をするの?

 

遺言執行者とは、遺言の内容を実現するために必要な手続を進める人を言います。
遺言執行者は必ず専任しなければならないという訳ではないものの、第三者に財産を相続させる場合は選任はすべきです。
何を第三者に相続させるかにもよりますが、不動産の場合は相続人全員が手続に関わることになります。
でも遺言執行者が選任されていれば、変な手間がかかることはありません。

遺言執行者を選任するメリットは、第三者に財産を分け与える時にかかる手間を省く以外にもあります。
遺言書に書かれている内容は絶対で、のこされた人は遺言書通りに財産分与を進めなければいけません。
しかし「絶対に」遺言書通りにする必要はなく、遺言の内容に不満があれば相続人同士の話し合いで財産が分与されます。

遺言通りに財産分与をしてくれるのかどうか不安になった時に、頼りになるのが遺言執行者です。
遺言執行者は読んで時のごとく、遺言を執行する者です。
遺言執行者は未成年・破産者以外であれば、誰でもなることができます。

しかし「相続」という大きいものを抱えることになるので、弁護士などの専門家に頼むのが一般的です。
そもそも遺言執行者の仕事はとても難しく、法律の素人でどうにかなるものではありません。

遺言執行者の仕事はまず、相続が発生したら選任を断るかどうかを決めます。
遺言執行者に選任されているからとは言え、必ず承諾しなければならないという訳ではないのです。
事情があって執行者になりたくないのならば、断ってもらっても構いません。

遺言執行者を承諾したら、相続人全員に執行者になったことを通知します。
そして、遺言の内容に向けての手続を始めます。
戸籍謄本などの書類集め・相続財産の調査・法務局へ登記申請手続き・金融機関の解約手続き・株式などの名義変更手続きなどです。

遺言執行者の辞書に「休む」という言葉がないほど、忙しくなります。役所への手続については、平日でしかできません。
法務局へ登記申請を行う際には、大きな負担がのしかかります。

遺言執行者を選任する際には、信頼のおける専門家に頼むのが1番です。
手っ取り早い方法は知り合いの弁護士や司法書士に頼むことですが、都合よく知り合いに弁護士や司法書士がいれば苦労はないというものです。
後になって慌てないためにも、相続についてどうするのか早い目に専門家に相談すべきです。
今からでもしっかり準備しておけば、いざという時に上手く対処することができるようになります。