遺言書は鉛筆でも効力はあるの?

 
・遺言書が鉛筆で書かれている場合
法的効力を発揮するには、要件を満たした内容で作成する必要のある遺言書。
この遺言書が鉛筆で書かれている場合は、その法的効力に問題は生じないのでしょうか?
今回は、遺言書の作成ではごく一般的な「自筆証書遺言」について、詳しく説明します。

 

・自筆証書遺言書を鉛筆で書く
基本的に、鉛筆で遺言書を作成するのは、自筆証書遺言書のケースだと思われます。
自筆証書遺言書とは、証人をたてるわけではない一般的な遺言書のことで、被相続人自らが遺言書を作成したものになります。
基本的に、この自筆証書遺言書を鉛筆で書いたとしても、その効力がなくなるわけではありません。
遺言書の文章は、使う筆記用具を限定していないため、鉛筆でもいいということになります。
ただし、鉛筆で遺言書を作成してしまうと、かすれて文字が読み取れなくなってしまうことが考えられます。
そうなってくると、その遺言書は無効になってしまうので、消えないペンで書く方が安全だと言えます。
また、鉛筆で書いてしまうと、第三者に改ざんされてしまう危険性もあるため注意が必要です。

 

・遺言に使える筆記用具
先ほども説明しましたが、遺言書にはどのような筆記用具を用いて書いても、効力が消えるわけではありません。
これは、ペンだけではなく遺言書の用紙にも当てはまります。
たとえその遺言書がノートの切れ端であったとしても、遺言書の形式を守って書かれたものであれば、それには法的効力が発生します。
ただし、もろい用紙に書いてしまうと、経年劣化で内容が分からなくなる恐れもあるため、きちんとした用紙に書き記した方が、安心なのには違いありません。

 

・自筆証書遺言書を作成する時の注意点
自筆証書遺言書は、作成する時に注意しなければならないことがあります。
それは被相続人が、自らその遺言書を書かなければならないということです。
なぜなら、証人をたてて作成する公正証書遺言書とは違い、筆跡及び押印でしか本人が書いたものだと証明することができないからです。
ですから、例えば、被相続人が高騰で書く内容を息子に伝え、息子がその内容を遺言書に書き記すということでは、その遺言書は成立しないことになります。

 

・遺言は口約束ではダメ!
遺言書は、きちんと書面にしておかなければなりません。
口約束では、現実的に成立しないことになりますので、きちんとした遺言書を形式に基づいて作成しなければなりません。
遺言書を作成するには、本文、日付、氏名をもれなく記述して、押印をする必要があります。
押印は実印でなければならない決まりはなく、認印でも構いませんが、気になるようでしたら実印を押印するといいでしょう。